社会に貢献するために無料でカウンセリングを行っております

無料心理カウンセリング - カウンセラー挨拶

及川正基です

昨今、うつ病やモンスターペアレンツなど心が病んでいる方たちが多くいます。
その原因の1つとして、私が思っていることは時代背景にあると考えています。




40年前、お隣さんに醤油を借りることが当たり前でした。



他人に迷惑を掛けながらも、お互い助け合い、繋がりがあることで
自己重要感が満され、自分の存在価値をしっかりと個人が理解できていた時代だと思います。



それから、高度成長期に入り、バブル時代まで団塊の世代は、物質(モノやお金)こそが
豊かさと信じ、物質を追いかけた結果、日本は物のある豊かな国になりました。



しかし、その一方で団塊の世代が現役を退き、隠居生活に入って何が起きたのか?



それは空虚感です。




物質を追いかけていた時には、周りに人はたくさんいたし、それが凄いことだと称賛もされたでしょう。



しかし、隠居し物質を得ることを辞めた団塊の世代は、周りに人がいなくなり、お金を使うことでしか、自分の存在価値を見出すことが出来なくなってしまいました。



また、現代人の団塊ジュニアから下の人たちは、便利な世の中で育ち、他人との繋がりを持たなくとも、生きていける時代になりました。



他人にも迷惑かけず、誰もが自立し1人で生きていける時代です。




しかし、1人で生きれる時代だからこそ、他人にも必要とされないことにより
自身の存在価値が分からなくなっているのです。




我々はこの数十年間で物質を得ることが出来ましたが、その一方で心の豊かさを無くしました。




これから、日本が本当の意味で(物心共に)豊かになるには、精神性を磨くことでしかないと考えています。




自分の傷ついた心を癒し、自分の価値観の枠を超えたものを理解して行くことで、
本当の豊かさを得られる国民になるのだと私は信じています。




ですから、私はそのことを、伝え広げていくために活動を行っております。




世の中の人たちが、幸せで豊かである日本を作る為のお手伝いが出来れば幸いです。


▼続けてコチラをお読み下さい
▲このページの先頭に戻る